快適な旅行とお得なサービスなどを把握する

快適な旅行を実現するために

旅行先においては様々な問題が発生する可能性があり、楽しい雰囲気を台無しにしないためにも準備が必要です。例えばお金がなどに関する問題としては、国内ではそれ程の問題にならない場合もあるでしょうが、あまり大金を持ち歩くと良くない場合もあるかもしれません。必要最低限では足りなくなった時に困る事もあると言えますが、そのような問題を解決する方法としてはクレジットカードなどの活用も挙げられるでしょう。クレジットカードは現金を持ち歩かなくても支払いなどが行える便利なサービスであり、大金を持ち歩かなくてもお金に関する心配を軽減できます。限度額をそれなりの金額に設定していれば、不測の事態にも対応できる可能性があり良い方法です。

移動や宿泊におけるお得なサービス

お得な旅行を実現するためには把握しておきたい事もあり、お金に対してそれ程の節約をしなくても良いと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、節約した分よりグレードの高い料理を楽しんだり、他の楽しみにお金をまわせる可能性もあり、把握しておいて損はないでしょう。お得な旅行を実現するためには、移動手段や宿泊におけるお得な日などを把握しておくと良いかもしれません。旅行シーズンなどにおいては通常よりも割高になる場合もあり、そのような時を避ける事でより安く移動できたり宿泊できたりします。仕事をされている場合には、そのような時期を選べない可能性もあるでしょうが、自由な時間が多い方はこのような方法でお得に旅行を楽しむと良いです。

タビマスターズ

旅行中の長い移動時間の過ごし方

旅行の移動時間は音楽鑑賞で快適

旅行の目的地が遠いと、移動のために長時間乗り物に乗っていなければなりません。その際に問題になるのが、移動中の長い時間の過ごし方です。移動時間は、音楽を聴いて時間を過ごすことが定番の一つになっています。携帯型の音楽プレイヤーが世の中に登場し、時間の過ごし方が大きく変化しました。音楽を鑑賞しているうちに、いつの間にか目的地に到着しています。また音楽プレイヤーのデジタル化により大量の音楽を持ち運べるようになり、旅行の長い移動時間にも退屈せずに済みます。ただし移動中にバッテリー切れを起こす可能性もあるため、携帯音楽プレイヤーのバッテリー残量は確認した方が安心です。予備バッテリーも用意があると、長時間の移動に対応できます。

読書で過ごす旅行の移動中の時間

旅行の移動中は、読書に割り当てる人も大勢います。普段は忙しくて本を読めない人も、旅行の移動中には積み残した本を読破するチャンスです。コンパクトな文庫本であれば荷物としてかさばらないため、旅行カバンの片隅に入れて持ち運べます。また従来の紙の本に加えて、電子書籍でどこでも本が読める世の中になりました。電子書籍は、多くの本のタイトルを収めることができ、大量の作品を持ち歩いても荷物がかさばりません。その他、電子書籍用の専用端末であれば消費電力も小さいため、バッテリーは十分に長持ちします。通信環境が整った乗り物であれば、無線通信を利用して移動中に新しい書籍を手に入れる事も可能なため、旅行中に退屈しません。

旅行写真

旅行に体調管理は必要不可欠

前日までに体調管理を行う事が大切

万全の体調で旅行に参加する事ができれば、体調を気にしないで思う存分楽しむ事ができます。せっかくの旅行を実施する際に体調不良が発生してしまった場合、楽しい旅行も台無しになってしまいます。風邪などを引かないように手洗いやうがいを徹底したり、いつもよりも早めに就寝するだけでも全然違ってきます。その他にも栄養バランスを考えた食事を実施するなど色々な方法が存在しています。あくまで日々の生活に支障が発生しないほどの対策を行う事で、旅行当日になっても素晴らしい体調を維持して色んな思い出を作る事ができます。このように前日までに体調管理を実施する事で素敵な旅行を思う存分堪能する事ができるようになります。とても重要な事なので、特に体調の変化が激しい子供は注意してもらいたいです。

旅行中の夜更かしは厳禁

よく旅行する際に夜更かししてしまう事があります。確かに楽しい時間が少しでも増えるので、夜更かしする事で素敵な思い出をたくさん作る事ができるかもしれません。しかしあまりにも睡眠を取らないと体調不良が発生する事もありますので、気をつけてもらいたいです。特にまだ旅行が続く場合には、夜更かしする事で次の日にも少なからずダメージが発生します。夜更かしをする事もたまにはいいかもしれませんが、次の日の旅行も考えないといけないです。ここで急に体調不良などが発生した場合には、くれぐれも気を付けないといけないです。無理をする事で更に症状が悪化する事もある為、慎重に体を休ませる事で少しでも旅行を楽しめるように変わっていきます。

タビマスターズ

大阪の観光地巡りの旅

大阪の賑やかな雰囲気

大阪というと東京の次に日本では名が知れている街です。東京とは違い大阪には大阪ならの文化があります。なんといってもまずは関西弁。関西弁で気さくに話しかけてくれる方が多く大阪の街にいるだけでとても楽しい気分になります。大阪はもちろん観光地も充実しており、通天閣や難波、どの年代の人も楽しめるスポットがたくさんあります。海遊館も子供達にとっては大人気のスポットでありカップルのデートコースとしても充実しています。海遊館の大きなエイはすごく見もので水槽のトンネルをくぐるだけでとても神秘的な気分になります。海遊館のそばには大きな観覧車もあり、海遊館の周りだけでも1日楽しむことができ大阪にいくなら何泊か連泊して観光地を巡ることをオススメします。

食べ物もとても美味な大阪

大阪の食べ物といえば、粉物料理が有名です。お好み焼き、たこ焼き、明石焼きなど大阪では本場の粉物料理が味わえます。美味しくて有名な店が多いので、何店舗も食べ比べをして大阪をまわるのもありです。また、大阪では串カツもとても有名であり大阪を訪れた際は必ず食べて欲しいソウルフードの一つです。大阪の食べ物はとても安価で美味しいため、少ない所持金で美味しい食べ物をお腹いっぱい堪能することができます。たくさんの店が立ち並び、大阪のお店の人はとても気さくなため変に緊張することなく気軽にお店に足を運べるのもポイントです。観光地巡りももちろんオススメですが食べ歩き目的に大阪に訪れる人も少なくありません。大阪に訪れる際は、食べ歩きの日と観光の日をわけて長期にわたって楽しむことを強くオススメします。

観光

旅行先で知り合った人に連絡先を教えてほしいといわれたら

同性であればそれほど警戒しなくても問題ないケースがほとんど

旅行先で同じ旅行者と意気投合することはそれほど珍しいことではありません。その場合、旅先で別れてそれっきりということが多いですが、最近はインターネットを利用してパソコンやスマートフォンで気軽に連絡を取りやすくなっているので、ソーシャルネットワークサービスのアカウントを教えてほしいといわれるケースも出てきています。では、教えてといわれた場合、どのような対応を取るのがいいのでしょうか。まず相手が同性で、共通の趣味があるなど話が合い、性格的にも気が合いそうだという場合は教えても特に問題ないでしょう。イベントに参加する目的で旅行をし、そこで同じイベント参加者と仲良くなって、その後、連絡を取り合って一緒にイベントに行くようになったという人は決して少なくありません。

専用のメールアドレスを作ってそれを教えるという方法もある

問題は異性からいわれた場合です。旅は非日常なのでテンションが高くなり、その場の勢いで異性と仲良くすることもあります。なので、旅行から帰って連絡を取り、会ってみたら全然楽しくなかったということもあるわけです。この場合、アカウントを教えてしまったことを後悔することになりかねません。なので、異性に対して教える場合は慎重になった方がいいでしょう。一つの方法として、旅行先で知り合った人に連絡先を聞かれたとき専用のメールアドレスを用意しておくという方法があります。メールアドレスは無料でいくらでも作れますし、仮に教えて失敗したといいたくなるような相手だった場合は、そのアドレスのメールを受信しなければ済むからです。

旅行

フィリピンでの「サリサリストア」の活用法

コンビニと同じ感覚で利用すればOK

海外へ行くと日本人が意外に苦労するものは「コンビニ」がすぐ見つからない事です。もちろん日本のコンビニの支店がある国や地域もありますが、日本と比較すると圧倒的に少ないです。でも折角旅行に行ったなら無理に日本のコンビニを探すよりも現地ならではのお店を利用するのも、旅の醍醐味です。フィリピンでは「サリサリストア」と言うお店が現地のコンビニとして古くから多く出店しています。サリサリとはタガログ語で「色々な物」と言う意味です。お店の正面が格子に覆われていて、小さな窓から商品を渡すので初めての人はびっくりすると思いますが、これは防犯が目的なのです。店の利用方法はシンプル。お店で欲しい商品を直接指差すか、具体的に商品名を注文すると、店員が商品を取ってきてくれて、商品と引き換えに支払いして完了です。

スモールビジネスのモデルとしても注目

「サリサリストア」で売られている商品に多いのは、清涼飲料水、嗜好品、生活雑貨品などです。小ロットで購入できますし、面白いのは価格がお店によって違うので、旅の楽しみで安いお店を探してみてはどうでしょう。利用法としてはホテルの部屋で飲み物を飲みたい時などに近くに買いに行くのが良いでしょう。最近は日本でも「サリサリストア」の形態が手軽に始めれるスモールビジネスのモデルケースとして注目されています。お店のスペースは狭くても充分、少ない資金で開業できますし、ユニークなお店という事で、大ブレイクする事も将来的にはあるかも知れません。フィリピンに旅行の際はスモールビジネスに興味のある方も是非利用して「旅の楽しみ」を味わって下さい。

観光協会

北海道の離島旅行は夏が快適です

焼尻島では強風と豪雪に耐えは「地を這う森」を見ることができます

札幌から国道231号を留萌方面に北上すること3時間30分、日本海に浮かぶ焼尻・天売の島々が見えてきます。国道は夏の真っ青な日本海を左手に見え隠れし、ドライブコースとしても最適なのです。離島を訪ねる旅の出発点「羽幌フェリーターミナル」から焼尻島に向けてフェリー「おろろん2」に乗船すると60分で到着。焼尻島は国内随一の5万本ものオンコ(イチイ)の原生林が、強風と豪雪に耐えて奇木となっており、ここでしか見られない風景があります。島の中央部にはサフォーク種の羊たちが潮風に辺りながら草を食んでおり、スコットランドのような風景を見ることができます。また、雲雀ケ丘公園では、森林浴やバードウォチングを楽しめ、水辺に浮かぶ様々な野鳥に出会う楽しみもあります。

天売島ではオロロン鳥を観てウニを食べましょう

焼尻島からフェリーで35分で天売島に到着します。天売島は、オロロン鳥やウトウをはじめとする「海鳥の楽園」です。赤岩展望台では多数のオロロン鳥が見れます。海から直立した48メートルの垂直の岩、赤岩が間地かに迫り海鳥観察ができます。また、西海岸の切り立った断崖絶壁におびただしい数のウミネコやケイマフリの営巣しているのを観れます。約80万羽、世界最大のコロニーを形成するウトウが掘った巣穴も多数あります。天売島といえば、何といっても新鮮な魚介類で、ウニの大ぶりで口の中でとろける絶品で、これを食べないわけにはいきません。毎年7月末の土日には「天売ウニまつり」が開催されています。花火大会もあるのでスケジュールを合わせるのも良いでしょう。

旅芸人